デザインサービスを定額で利用したい方必見!口コミで評判の高いおすすめのデザインサブスクランキングTOP5!

デザインパスポートの口コミや評判

公開日:2021/11/01

株式会社ジム
住所:〒102-0074 東京都千代田区九段南4-7-22 メゾン・ド・シャルー407号
TEL:03-3230-3722

「予算がない」「発注が面倒くさい」など販促ツールで困っていることはありませんか?このような悩みは、デザインパスポートで解決することが可能です。今回の記事では、デザイン系サブスクリプションであるデザインパスポートの特徴について紹介します。販促ツール作成で困っている方は、チェックしてぜひ参考にしてください。

バナーやPOP、ロゴなど幅広い制作物を依頼し放題

デザインパスポートでは、以下のような制作物の依頼がし放題です。

WEBバナー・WEB画像・YouTubeサムネイル・素材・ロゴ・マーク・LP(ランディングページ)・チラシ・DM・のぼり・POP・パンフレット・グラフ・説明図・キャッチコピー

これら以外にも、相談次第では作成可能な場合があります。もし作成したいものがあれば一度相談してみてください。

デザインパスポートではこのような依頼し放題のサービスを低価格で提供するために、3つのルールを設けています。次に、このルール3つを確認してみましょう。

ルール1:アカウント制

アカウント制とは、お客様一人に対して担当者が一人つくことです。アカウント制を取り入れることで、担当者が相手の意図を汲みやすくなり、制作時間も業務効率も高まります。長い付き合いになればなるほどコミュニケーションも取りやすくなるため、お互いによい効果が生まれます。

ルール2:一案件ごとの進行

デザインパスポートでは進行する案件は一案件ごとと定め、同時並行での業務を行っていません。理由は定かではないですが、一人のお客様の案件が集中するのを防ぐ目的があると考えられます。

そのため一つの案件が終了したら次の案件を発注するようにしましょう。校正を短期間で終了すれば、お得に利用できます。

ルール3:最低2日の制作時間

依頼内容を把握してから初校提出の日程を調整。最低でも営業日3日(中2日)かかります。軽い文字修正なども同程度の日数がかかるため、納期やスケジュールにはゆとりが必要です。

3つの中から要望に合わせて選べる料金プラン

デザインパスポートでは、クライアントの要望に合わせて料金プランを選択することが可能です。ここではデザインパスポートで提供しているプランを紹介します。

エコノミークラス

エコノミークラスは「コスト重視」でラフイメージ、コピー原稿を作成できる方に最適なプランです。制作依頼時には「コピー原稿+素材データ+ラフイメージ+参考見本」の4点が必要になります。コースは以下の2つがあります。

・3ヶ月コース月額6万6,000円(税込)
・1年コース月額5万5,000円(税込)

またエコノミークラスでは最初の見出しで紹介した「制作可能なモノ」の中にある、LP(ランディングページ)制作やコピー原稿制作、文字校正が利用できないためご注意ください。現在は初期費用の2万7,500円(税込)が無料+初月1ヶ月お試し価格で契約前にエコノミークラスを月額3万3,000円で利用できます。

ビジネスクラス

ビジネスクラスは「文章は書けるけどデザインはプロに任せたい!」という方向けのプラン。制作時には「コピー原稿+素材データ+参考見本」の3点を提出します。提供サービスはデザイン提案とキャッチコピー1案制作が可能です。コースは以下の2つがあります。

・3ヶ月コース:月額10万4,500円(税込)
・1年コース:月額8万8,000円(税込)

またLP制作はデザインのみ可能で、コーディングはオプションにて受け付けています。現在は初期費用無料に合わせて、1ヶ月お試し期間を実施中。ビジネスクラスを1ヶ月5万5,000円(税込)で利用できます。

ファーストクラス

ファーストクラスは「文章もデザインもプロに任せたい」欲張りさんにおすすめのプランです。制作時には用意するものが「概要資料+素材データ」のみとなっており、ほとんど丸投げで制作ができます。提供サービスは「デザイン提案+コピー原稿制作+文字校正」の3点すべて利用可能。コースは以下2つがあります。

・3ヶ月コース:月額19万2,500円(税込)
・1年コース:月額16万5,000円(税込)

今なら初回1ヶ月限定でファーストクラスを月額9万9,000円(税込)で利用可能です。

デザイン制作依頼の流れ

次に、デザインパスポートでデザイン制作を依頼する流れを解説します。

STEP1:メールで発注

制作のメールはチャットワークを利用します。原稿やロゴ、イメージ画像、ラフスケッチなどを送りましょう。ラフなイメージだけでなく、具体的な画像や見本などを提示すると制作日がグッと短くなり修正回数も減らすことができるようです。

STEP2:デザイン制作開始

送った原稿が確認され次第、デザイナーが制作を始めます。その際に提出日時をお知らせしてくれるので、確認する時間をとっておきましょう。不明な点や、細かい指示を出したいなどの要望があれば対面での打ち合わせも可能です。別途オプションを確認の上申し込んでください。

STEP3:確認・修正

デザインが完成したら、確認用のPDFが送られてきます。修正に制限はないので納得がいくまで修正を行うことができます。しかしルール上、一つの案件が完了しないと次の案件を制作できないため、いろいろなデザインを依頼したい場合は注意が必要です。

STEP4:データ納品

完成したデザインはIllustratorCC(Mac版)での納品となります。要望があればPDFやJPEG、PNGでも対応可能なのでお好きなものを選んでください。

 

この記事ではデザインパスポートの特徴を紹介しました。対応業務が多くプランも細かく決められていて利用しやすい印象を受けますね。丸投げにも対応しているファーストクラスは、まったくデザイン作成を行ったことがない方にはおすすめです。気になったプランがあればホームページなどから確認してみてください。

おすすめのデザインサブスクランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デザインキャットデザサポセンゾクデザイナーデザインボックスLancers Assistant
おすすめポイント豊富なオプションからデザインを依頼できる。今なら2週間無料キャンペーン中サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能定額料金で専属デザイナーをつけることが可能。継続的にお任せできるので安心サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能実績あるクリエイターが毎月アサイン。専用の管理システムでやり取りが可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索