デザインサービスを定額で利用したい方必見!口コミで評判の高いおすすめのデザインサブスクランキングTOP5!

デザイン制作を外注するときの注意点とは?デザインサブスク利用のコツ

公開日:2022/07/15


急にデザイン制作が必要になったり、デザイナーが不在で作れないときに便利なのが、デザインを外部に発注するサービスです。ここでは、デザイン制作を外注するときのメリットや注意点について解説します。デザインの外注を検討している人、初めての利用で迷っている人など、外注先選びの参考にぜひご覧ください。

デザイン制作を外注するメリット

ロゴマークや名刺、チラシ、パンフレットといった印刷物に資料作成など、デザインがともなう業務には、さまざまなシチュエーションが考えられます。デザイン制作を外注するメリットには、どういったことがあるのでしょうか。

まずひとつずつの案件ごとに、デザイン制作を依頼できることです。デザインに関する業務は、現場によっては常に発生するものとは限りません。その時々に、必要な数だけ外注に依頼することで、デザイナーを抱えておく人件費を抑えられます。デザイナーがいる部署だとしても、仕事が立て込んでいたら、外注サービスを補助的に利用することもできます。

デザイン業務は、専門の知識やスキルが必要です。デザイナー一人ひとりに個性があり、同じデザイナーに依頼することで、統一感を持たせることができます。しかし、同じような雰囲気のデザインになってしまう恐れもあるでしょう。案件ごとに、デザイナーや制作会社を使い分けることで、制作物のテイストをがらりと変えることもできます。多くの制作会社が手がけてきたデザインを見比べて、好みを選んで依頼できるのも、外注のメリットです。

デザイン制作を外注するときの注意点

デザイン制作を外部に発注するときに、注意しておきたいことがあります。それは、制作物の内容を正確に伝えることです。特に、初めてデザイン制作を外注する場合は、作りたいものの雰囲気、ニュアンスを伝えるのに手間取ることが考えられます。長年勤めていて状況を十分知っていたり、気心が知れたデザイナーであれば、ある程度意図をくみ取ってもらえるため、速やかにデザインを進めることができるかもしれません。

それでも「もっといい感じに」「なんとなく違う」といったあいまいな伝え方では、思っているような仕上がりにならないことが多々あります。想定したデザイン完成のためには、コミュニケーションを十分にとることも重要です。また、思っていた仕上がりにならないことで、制作時間が余計にかかることもあります。作り直しや修正などにも対応できるよう、スケジュールに余裕を持って依頼をすることも大切です。

デザイン制作の外注には、デザイン会社、デザインも行う印刷会社、クラウドサービスによる、フリーランスデザイナーへの直接依頼など、いろいろな窓口があります。多くのデザイン制作が発生するのであれば、視野に入るのが、年額や月額の定額サービスであるデザインサブスクの利用です。デザインを請け負うところや利用方法によっても、価格に差があるということも知っておきましょう。そして社外へ依頼するということは、機密情報の漏洩リスクも考えておかなければなりません。依頼内容が重要な情報であるなら、秘密保持契約を締結しておくべきでしょう。

デザイン制作を外注するときに気をつけるポイント

デザイン制作を外注するときは、できるだけ速やかに、思った通りのデザインを安く入手したいものです。スムーズに進めるには、クライアント側で気をつけておきたいポイントがあります。

デザインを依頼する前に、目的を明確化しておくことです。たとえば、販促のためのチラシ作成を依頼する場合。商品の内容、ターゲット、求めるイメージなど、どのような目的でそのチラシが必要なのかをピックアップして、制作方針を確定しておきます。頭に浮かんだイメージは、言葉よりも視覚に訴える方が、伝わりやすいです。手書きのイメージイラスト、雑誌やWEBページ、写真など、視覚的にわかりやすいデザイン見本や参考資料を用意して、提示します。事前に作りたいイメージを十分に伝えることで、やり直しや修正の手間が不要となり、納期の短縮にもつながります。

つぎに、デザイナーごとに、デザインの方向性に得手不得手があるものです。単純に値段の比較だけで選ぶと、想定していたデザインに仕上がらず、時間や予算が余計にかかってしまうかもしれません。イメージするデザインの外注先を探すには、成果物や制作見本をしっかりと吟味することもポイントとなります。フリーランスのデザイナーと直接契約するのであれば、過去の実績やポートフォリオで経歴や作品を確認しましょう。デザイナーの個性を考慮して依頼をかけることで、思い通りのデザインとなる確率が上がります。うまくいけば、格安で想像通りの高クオリティなデザインが期待できるでしょう。

 

デザイン制作を外注するときのメリットや注意点について、解説しました。外注サービスを有効活用することで、業務の効率化と経費節減にもつながります。しかし、いざデザインを外注するとなると、相手にどう伝えればいいのか迷うものです。とくにデザイン制作は、言語化しにくい領域の仕事になります。作りたいもののイメージを明確化して、外注先とうまくコミュニケーションをとること。想定しているデザインのテイストに近い成果物のある制作会社やデザイナーをみつけることが、外注利用のコツです。初めてであれば、少し時間をかけて、理想の外注先を探すとよいでしょう。デザイン制作を依頼する際の参考になれば、幸いです。

おすすめのデザインサブスクランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デザインキャットデザサポセンゾクデザイナーデザインボックスLancers Assistant
おすすめポイント豊富なオプションからデザインを依頼できる。今なら2週間無料キャンペーン中サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能定額料金で専属デザイナーをつけることが可能。継続的にお任せできるので安心サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能実績あるクリエイターが毎月アサイン。専用の管理システムでやり取りが可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索