デザインサービスを定額で利用したい方必見!口コミで評判の高いおすすめのデザインサブスクランキングTOP5!

WEB制作を外注で依頼!サブスク利用時に気をつけたいポイントとは

公開日:


WEBサイトの制作を外注するのために、どういったところを注意すれば、失敗を避けられるのでしょうか。特にはじめての外注依頼であれば、何から手をつけるべきなのか、大いに迷うものです。ここでは、WEB制作を外部に依頼する場合に必要となる基本的な流れと、気をつけておきたいポイントやメリットを解説します。

WEB制作を外注依頼するときの流れ

昔作った古いサイトのリニューアル、新製品のPRのためのページなど、WEBサイトの制作には、さまざまなきっかけがあるものです。WEB制作の外注を依頼する前に、完成するまでの大まかな流れを確認しておきましょう。

まず必要なのが、どのような目的のサイトを作るのか、掲載する内容とボリューム感やページ数、予算、公開までの期間など、依頼するための情報と条件をまとめることです。WEB制作を外部に任せることに決まったら、見積もりを依頼します。見積もりの時点では、制作会社を1社に絞らずに、複数社をピックアップして依頼をすることがポイントです。見積書や提案書を読み比べ、面談などを経て依頼先が決まったら、本格的に打ち合わせを行います。

打ち合わせでは、どのようなWEBサイトを制作するのかの確認です。現状の問題点や課題、要望を伝え、情報共有のあとに、全体像を見積もってスケジュールを組みます。制作会社での作業は、サイト設計からはじまります。設計は、WEBサイトの骨組みであり土台ともいえる重要な部分です。全体像をとりまとめたサイトマップ、画面レイアウトとなるワイヤーフレームを作成し、希望のイメージをもとにデザインを進めます。

ページデザインが完成したら、開発に進みます。HTML、CSSと呼ばれるマークアップ言語による構築が、コーディングです。クライアント側では平行して、画像やテキストなどの掲載に必須の情報、サイトの置き場所となるサーバーとインターネット上の住所であるドメインの用意をしなくてはなりません。サイトの開発が完了したら、内容を確認し、テストを行います。チェックするのは、掲載内容に間違いや誤字脱字がないか、リンクは正しくつながっているか、表示は崩れていないかなどです。テストをクリアすると完成、公開となります。

WEB制作を外注依頼するときに気をつけたいポイント

WEB制作の外注を依頼するときに、気をつけておきたいことはあるのでしょうか。最も重要なポイントは、どんなWEBサイトを作りたいのか、希望する内容をしっかり把握して伝えることです。その依頼内容に応じて、制作会社は見積もりを出します。作りたいものが不明瞭なまま契約し、制作を進めてしまうことは絶対に避けましょう。途中で内容や方針を変更する羽目になると、余計な工期がかかったり、追加費用が発生する恐れがあります。制作期間は十分に余裕を持って、依頼することも大切です。

どうしてもタイトなスケジュールでの依頼になる場合は、クライアント側も早めに資料を提出するなど、積極的な対応を心がけましょう。料金相場を知るには、複数の制作会社に見積もりを取る、相見積もりを行います。費用が高いほど、クオリティーが高いとも言い切れないのがWEB制作です。費用とスケジュール、提案内容を比較し、ベストと思われる制作会社を選びましょう。WEBサイトは、完成してからが本番です。公開すると、コンテンツの更新作業や問い合わせ対応などの運用が始まります。外注に任せるのは制作のみなのか、運用も依頼するのか、運用の範囲を決めておくこともポイントとなります。

そのため、長い付き合いになる可能性がある担当者とは、ストレスのない関係でありたいものです。担当者の人柄をチェックしておくことも、重要かもしれません。制作を依頼する前にはRFP(Request For Proposal)と呼ばれる提案依頼書を提出するとよいでしょう。RFPとは、依頼内容や条件をまとめた資料のことです。RFPがあると、もし不備があった場合にも、要望をきちんと伝えていたという証拠になります。まとめるには時間がかかりますが、後々のトラブルを避けるためにも、RFPの事前準備がおすすめです。

WEB制作を外注依頼するメリット

WEB制作を外注依頼するメリットについて言えることは、WEB制作を専門にするプロフェッショナルに依頼することで、ページデザインなどを含め、質の高いサイトを構築できることです。外注を活用することで、WEBに詳しい人材がいなくても、速やかに高クオリティーなサイトができあがります。WEB制作にとらわれることなく、本業のみに集中できることも、外注利用のメリットでしょう。ページの更新作業やメール対応、日々状況が変わるセキュリティー面、保守、管理、マーケティング戦略のひとつであるSEO対策など、長期にわたる運用の代行なども任せることができます。

もしトラブルが発生したときにも、相談して対策が取りやすいことも、安心できるポイントです。今やWEBサイトは、その人や企業を代表する顔ともいえるものです。一度作ったら終わりではないので、長期的な運用も視野に入れて、サブスクリプションの利用も検討するとよいでしょう。

 

WEB制作を外部に依頼する場合の基本的な流れと、気をつけておきたいポイント、メリットについて、解説しました。インターネット上に無数にあるWEBサイトですが、その質は千差万別です。プロである外部の制作会社に依頼することで、クオリティーが高く、長期運用のしやすいWEBサイトを構築できます。しかし、制作にはそれなりの時間と労力がかかるものです。特に初めての依頼では、時間や予算がどれほどかかるのか、検討がむずかしいでしょう。事前にその工程と準備するべき内容を知り、余裕を持って依頼することがコツです。外注利用の際に、ぜひこのページをお役立てください。

おすすめのデザインサブスクランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デザインキャットデザサポセンゾクデザイナーデザインボックスLancers Assistant
おすすめポイント豊富なオプションからデザインを依頼できる。今なら2週間無料キャンペーン中サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能定額料金で専属デザイナーをつけることが可能。継続的にお任せできるので安心サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能実績あるクリエイターが毎月アサイン。専用の管理システムでやり取りが可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索