デザインサービスを定額で利用したい方必見!口コミで評判の高いおすすめのデザインサブスクランキングTOP5!

成果につながる!質の高いLP(ランディングページ)の特徴とは?

公開日:2022/02/15

宣伝広告を打ち出す中で出てくるワードのひとつに、LP(ランディングページ)というものがあります。これ、実は商品やサービスの売り上げに関わる、非常に重要なものなのです。そもそもLPとはなにを指しているのでしょうか。今回の記事では、その重要性についても触れながら、LPの活用法を探っていきましょう。チェックしてみてくださいね。

LPとは?

検索エンジンやSNSなどで広告を目にすることが多いと思いますが、その広告をクリックすると、他のサイトページに飛びますよね。そこで出てくるページが、LPです。閲覧者が最初に見るページにあたるということで、「着陸・着地する」という意味のLandから来ているわけです。

このページは、その商品・サービスの購買につなげることを目的としています。お客さん候補の人が最初に見るページなので、重要であることは言わずもがなです。

さらには、LPから購入まで進んでもらうための工夫が必要となってきます。最終目的の購入まで至るには、どのようなLPがよいとされているのでしょうか。

質の高いLPの特徴

では、質がよいLPの特徴について見ていきましょう。まずは、LPに飛ぶまでのスピードが速いというのは大事な点です。ページの読み込み時間が長いと、興味本位でクリックしたものだったら、「まあいいか」とページから離れてしまいがちだからです。

実は、LP読み込みの待ち時間が3秒を過ぎると、半分ものユーザーがページに飛ぶのを諦めてしまうといわれています。せっかくクリックまでつながったのに、LPを見てもらうこともできないなんて非常に惜しいですよね。こうした事態を避けるために、ページ読み込みの負担がなるべく軽くなる措置を取っておきましょう。

質の高いLP、二つ目の特徴は購入を促しすぎないという点です。購入に至るまでには、必要な情報を入力してもらうなど、次のステップに進ませる必要があります。

そのリンクをあまり置き過ぎないというのが大事です。たくさんそのリンクが置かれていると、売ろうという魂胆があまりにも見え見えで、お客さんが持つイメージも悪くなってしまいます。

では、ページの一番最後にだけリンクを設置しておけばいいかというと、それもまたよくありません。お客さんがページを読んでいる途中で、「買いたい」という気持ちを強く持ったとします。そこで購入に続くリンクをなかなか見つけられないと、購入へのモチベーションがしぼんでしまいますよね。買いたい気持ちを逃さず、かつしつこすぎない範囲で購入の案内を入れるのがベストです。

三つ目に挙げる特徴は、購入リンクへ進んだ後のことです。ここで面倒くささを感じてもらわないためにも、入力フォームはなるべくすっきり、わかりやすくレイアウトしましょう。顧客データが欲しいあまり、いろいろ聞きたくなってしまう気持ちもわかりますが、最低限の情報だけもらうということを心がけてください。

成果につながりにくいLPの特徴

反対に、結果が出づらいLPというのもあります。たとえば、結果を欲張ってしまったLPです。せっかくLPまで来てもらったからと、いくつもの商品・サービスを見てほしいとアピールするのはよくありません。お客さんに迷いを抱かせると、購買意欲の減退にもつながってしまいます。ひとつのLPに対して目的もひとつだけに絞るようにしましょう。

あとは、LPとHP(ホームページ)を一緒にしてしまっているのも、結果が出づらい原因になります。HPでもたしかに情報は得られますが、お客さんが真に欲しい商品・サービスの情報とは微妙にずれていることもあります。お客さんの目を散らさないよう、大事な情報だけをLPにまとめることをおすすめします。

あとは、スマートフォンやPCなど、それぞれのツールに対応できていないLPもイメージダウンにつながります。小さなことですが、とにかくお客さんが購入に集中できるよう、邪魔しないLPを作らないといけませんね。

高い成果を求めるなら、専門業者へLP作成を依頼するのがおすすめ

LPの重要性についてはおわかりいただけたかと思いますが、高い効果を期待するのであれば、その作成は外注する方がよいでしょう。LPを作成してくれる外注先は多くあり、クラウドソーシングでも簡単にデザイナーを雇えるほど気軽なものになっています。

おすすめなのは、専門業者への依頼をすることです。専門のデザイン会社であれば、経験を積んだデザイナーもいて、顧客のニーズを瞬時に汲み取ってもらえます。質の高いLPにするノウハウももちろん掴んでいます。

こうした専門業者へ頼むと、心配になってくるのがお値段かもしれません。ただ最近では、サブスクリプション、つまり定額払いで利用できるデザイン業者もあるので、この方法なら質のよいLPを、価格を抑えて作ることもできますよ。

 

商品情報を見てもらうまで、そしてそこから購入につなげるまでの道のりをつなげるLPは、やはり高いクオリティを目指さなければなりません。プロに依頼すれば、その経験則から結果が出せるLPを作成してもらえます。予算などを鑑みながら、要望に合ったLPを考えていきましょう。

おすすめのデザインサブスクランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デザインキャットデザサポセンゾクデザイナーデザインボックスLancers Assistant
おすすめポイント豊富なオプションからデザインを依頼できる。今なら2週間無料キャンペーン中サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能定額料金で専属デザイナーをつけることが可能。継続的にお任せできるので安心サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能実績あるクリエイターが毎月アサイン。専用の管理システムでやり取りが可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索