デザインサービスを定額で利用したい方必見!口コミで評判の高いおすすめのデザインサブスクランキングTOP5!

バナー広告とは?メリット・デメリットを徹底解説

公開日:2021/10/15

インターネットを使う人であれば、バナー広告を目にする頻度も高いかと思います。よく見かける反面、どういう仕組みなのか、どういったものをバナー広告というのか、その実態はあまりよく知らないという人も多いでしょう。今回の記事ではバナー広告とはいったいなんなのか、使ってよい点・悪い点について理解を深めましょう。

バナー広告とは?

ウェブ上のホームページにおいて、広告を掲載できる箇所は、枠によって定められています。バナー広告というのは、その枠に提出された画像や動画による広告のことを指します。

小さな枠の広告だけで宣伝効果があるのかと疑問に思う人もいるかもしれませんが、バナー広告の目的はその先の宣伝ページに進んでもらうことです。そのため、バナー広告のクリック数は宣伝効果を測る大事な鍵になってきます。

さて、バナー広告には2つの種類があるのを知っているでしょうか。見ているだけではわかりづらいですが、純広告と呼ばれる形態と運用型広告と呼ばれる形態があります。

純広告では、どのユーザーが見ても同じ広告が掲載されるようになっています。契約した期間中は、必ずその広告が表示されるということです。

運用型広告では、ユーザーがなにに関心を持っているかによって、ランダムではありますが、広告内容を分けて表示できます。こういったバナー広告の右上には、「広告」や「i」といった記載があります。それをクリックすれば、どうして自分にそのバナー広告を出てきたのかという理由を知ることもできます。

広告をする側がいかに顧客にアプローチをしているか知ることができるので、ぜひクリックしてみてください。

バナー広告のメリット

では、バナー広告を利用することでどのようなメリットがあるのでしょうか。まず、バナー広告では画像や動画を使えるという点で、見ている人の視覚に訴えることができます。

食べ物などはとくに、美味しそうな映像が載っていれば購買意欲を掻き立てられますよね。洋服や靴についても、文章でそのよさを訴えられるよりも、商品そのものを見て「すてき」「欲しい」と思わせるのが一番手っ取り早い宣伝方法です。こうした、商品イメージを見せて直接惹きつけるという効果を最大限に発揮できるのが、バナー広告のメリットです。

もう一つのメリットとして挙げられるのは、バナー広告はターゲットを絞りやすいという点です。宣伝を打ち出したい商品が、どんな層の人たちに人気なのかわかっていれば、その層の顧客が見るような媒体にバナー広告を出せばよいというわけです。

では、ターゲットがわかっていない場合には使用する利点がないのかといえば、そういうことでもありません。結果が得られた媒体ジャンルから、自社製品・サービスのターゲット情報を得ることができるからです。

もう少し進んだ使い方をするのであれば、広告を複数のデザインで打ち出すというのもよいやり方です。これも、運用結果を観察することで、どのデザインが宣伝効果をあげているのか、今後の広告制作における重要な情報を得ることができるというわけです。

あまり結果を出していない広告は取り下げて、他の広告を改めて出すことも可能です。柔軟に、結果に合わせて広告方法を変えていけるのが、無駄に宣伝費用をかけずに済むのでよいですよね。

バナー広告のデメリット

フレキシブルな使い方ができるバナー広告ですが、デメリットも多少あります。

たとえば、メリットとして運用結果が見られることを挙げましたが、バナー広告のクリック数やどれくらいサイトに飛んでいるかなど、チェックしなければならないことが多くあります。広告担当者の業務が増えるということは覚悟しておかなければなりません。

また、サイズが小さなバナー広告は簡単に作成できそうに見えますが、画像や動画を入れるため、実は完成までになかなか労力を要するものなのです。しかもよりよい効果を出せる広告を追及していくとなると、1つのデザインを作るだけでは足りません。

広告図案をたくさん用意して順々に試したり、媒体によって細かく仕様を変えてみたり、調整が必要になってきます。チェックしている運用結果にも臨機応変に対応しなければならないうえ、効果のチェックに広告デザインの調整と、時間・労力がかかるのは避けられないものです。

こうしたデメリットを解消するためには、大変な作業をプロにお任せしてしまうという方法もあります。広告の運用管理、バナー作成もどちらもプロにお願いできます。難しいのはバナー作成のほうなので、こちらをプロにお願いするのがおすすめです。コツもわかっているうえ、質のよいものをすばやく仕上げてくれますよ。

 

バナー広告の仕組みについては理解してもらえたでしょうか。状況・顧客の反応によって柔軟に広告を変えていけるのはよい点ですが、どうしても作成と運用に手間はかかってしまいます。本来の業務に支障をきたさないためにも、プロに任せられるところは任せた方が、結果クオリティの高い広告を出すことにもつながります。こうした方法も合わせて検討してみてください。

おすすめのデザインサブスクランキング

イメージ1
2
3
4
5
会社名デザインキャットデザサポセンゾクデザイナーデザインボックスLancers Assistant
おすすめポイント豊富なオプションからデザインを依頼できる。今なら2週間無料キャンペーン中サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能定額料金で専属デザイナーをつけることが可能。継続的にお任せできるので安心サービス範囲が最大33種類と豊富。定額で何度も依頼や修正が可能実績あるクリエイターが毎月アサイン。専用の管理システムでやり取りが可能
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索